私たちの価値観

クリストフルは、時代と共鳴しと成功へと導いた価値というものに忠実です。創業者シャルル・クリストフルのモットーである “唯一の品質、それは最高の品質”を忠実に守り続け常に高品質の製品作りを心がけ、今日に至っています。

 

フランス ノルマンディーのヤンヴィルにあるアトリエでは、2名のフランス国家最優秀職人章を保持する職人を含めた約160名の職人が高いノウハウの技術を発揮し最高級の作品を生み出しています。

1844年、当時の皇帝ルイフィリップ王やナポレオン三世のお抱え金細工師として名だたる歴史的な顧客を抱えるようになり、「最高が最高を惹きつける」として、以来様々な王族貴族からのパーソナルオーダーや公式注文、または高級ブランドのための特注品を制作してきました。

 

クリストフルは、“芸術性~クリエイティビティ~”をブランドの価値の中心に据えています。

 

今ではブランドのアイコンとなった卵型カトラリーセット「MOOD」やその他人気商品を生み出すメゾンスタジオにおけるクリエイティビティ、そして歴史的にも有名なアーティストやデザイナーとのコラボレートし実現した芸術の数々。カリエ-ベルーズ、アルフォンス・ミュシャ、ジオ・ポンティ、オラ・イト、アンドレ・プットマン、マルセル・ワンダース、そしてカール・ラガーフェルドなど卓越した芸術性を持つアーティストが、クリストフルの価値観と共鳴し多くの芸術作品を生み出しました。また、2019年には、アーティスト ファレル・ウィリアムスと料理人ジャン・アンベールが我々のチームに参加し、2018年にカール・ラガーフェルドと発表した第一弾目の「MOOD」特別限定版に続く第二弾の作品を共に発表することとなりました。

 

クリストフルはまた、メゾンが持つ“美と芸術”という大いなる財産を共に分かち合うことを大切にしています。お客様がご自身のスタイルに合った商品を求め、我々が生み出したシルバーウェアの輝きとオーラによって、より一層その方の生活空間と時間が輝く...そんな分かち合いの形。また世界に合計51の直営店を構え、5大陸で公式販売代理店を通して同様にメゾンの世界観を分かち合っています。

 

その他にも、個別のお客様やパートナーへのオートクチュールなサービス、またパリ本店では9月の「伝統文化継承の日」に特別にアーカイブ作品の数々を一般公開しています。

 

また、メゾンは社会的且つ環境的責任も非常に重視しています。廃棄物/化学物質の輸送ルール(ADR)や化学廃棄物の除去条件に関する規制(REACH)に関する現行基準と管轄区域は、生産チェーン全体で順守しています

 

クリストフルにとって“リスペクト~敬意~”とは、ノウハウと価値を伝承することにあります。歴史の伝承は我々の義務として投資し続けており、現在もなお専門家の手に委ねられた60,000以上のアーカイブ作品が存在し続けています。