クリストフルのホールマークについて

18世紀まで、シルバースミスの作品は金もしくはシルバーで制作されていました。この素材を保証するために、フランスによりホールマークが制作されました。このホールマークは、素材の品質や会社、時代によって異なる場合があります。

グレード保証ホールマーク

工芸の女神であるミネルバの横顔が描かれたグレード保証刻印はクリストフルによって作られた純銀の商品(STERLING-SILVER)の銀の含有量が、法で定められた92.5%以上であることを証明しています。

マスター保証ホールマーク

マスター保証刻印には蜜形の中に"OC"のオルフェブレリー・クリストフル(銀細工商クリストフル)のイニシャルと、生命力と王家の紋章である鉢のシンボルマーク、そして品質を表す三角に並んだ星が描かれています。 

 

その他の刻印

フランスは1983年以降、品質の特徴を標準化しました。これらはシルバーとゴールド製品に関連しており、合金に堆積する金属の密度を保証しています。品質の特徴は正方形のホールマークに刻印されています。

 

メゾンクリストフルのホールマークは設立以来、様々な形に変化してきました。

 

シルバースミスの特徴であるホールマークは1844年から1935年までメゾンクリストフルによって使用され、1935年以降は下記のようなホールマークが刻印されています。天秤が刻印されているマークは、登録商標刻印ですが必ずしも記される必要はありません。天秤は公平を表し、その両脇の「OC」はオルフェブレリー・クリストフル(銀細工商クリストフル)のイニシャルです。

 

チェスナイトが刻印されているマークの中にある"I"は、メッキが最も厚く、最高のプレートであることを表しています。クリストフルのイニシャルである「OC」が刻印され、クリストフルによって制作されたすべての商品に、この正方形検証刻印が刻まれています。

ゴールドスミスマーク

1935年~

品質保証ホールマーク

1935-1983

品質保証ホールマーク

1983~

ビンテージホールマーク

ビンテージホールマークはメゾンクリストフル固有のものです。オルフェブレリーの作品にのみ刻印され、製造年を示しています。19世紀には「A」、20世紀には「B」、21世紀には「C」の文字がダイヤモンド型のマーク内に刻印されています。さらにスタンプは年を示す2つの数字で囲まれています。今日、クリストフルの特徴はそのノウハウと独自に設計された作品でシルバースミスの世界で輝き続けています。